2014年12月23日

仙台市青葉区T様邸

12.jpg

今回新築建売住宅を購入されたT様。
仕事柄防音室が必要ということで客様からご相談頂き、工事をさせて頂きました。
実は通常の防音工事とは少し違う内容です。というのも、T様の奥様は、声楽家の方で音響を教会のホールようにライブ(響く)ようにしたいというご希望でした。
通常の防音工事は遮音+吸音という形で、防音構造とするわけで、基本的には壁に吸音させる方法が一般的であり、通常はデッド(響かない)な音響の状態の防音室となります。住宅の防音室は大きなホールと違い、小さな容積を防音する為にはデッドにしたほうが防音しやすいからです。当初大手Y楽器社で検討していたそうですが、こういった特殊なご希望と価格が半分以下だったということで、当社が施工することになりました。

◎今回は下記の内容で防音工事をいたしました。
・掃き出し窓にペアガラスの内窓を取り付けペアガラス二重サッシに
・リビングとの開口を間仕切壁にしFIX窓(ペアガラス二重サッシ)を取付
・押入れを書籍収納庫へ改造し、ペアガラス内窓を取付
・天井防音構造(PB12.5×2+GW64k25mm+オトテン)
・壁防音構造(PB12.5×2・GW64k25mm+オトカベ+クロス)
・床防音(ネダレス合板24mm×2+タイル)※この部分が通常と違います
・内装ドア製作(GW64k25mm+遮音シート+アルミ面材)ドア厚62mm(通常は30mm)



■着工前の状態です。
新築なので非常にきれいな和室です。
壊すのはもったいけいけど・・・。
18.jpg

■リビングとの開口部です。
3枚引き戸を外して壁にします。この外した引き戸は解体して表面の2枚を防音ドアに改造しました。なので廊下の他のドアと同じ色柄です。素材がアルミの板だったので建具屋さんは非常に悩んでいましたが。お疲れ様です。
04.jpg

■壁を解体したところ、筋交いに筋交い金物が取り付けてない部分がありました。せっかく発見したので耐震性向上のために金具で補強します。
05.jpg

■収納と出入り口に開口枠材を取り付けました。この出巾の分だけ遮音構造の厚さとなります。80mm。
収納の中には棚を取り付けて、大量の楽譜を収納する為に壁を補強しています。これで何十キロにも耐えられます。
08.jpg

■床の補強を行っています。
この防音室は1階部分なので下に対する防音はあまり重要でないので、それよりも、タイルを敷きピアノを置いての重量に耐え、ライブな状態にするために、通常は吸音する部分ですが、反射させる構造としました。この構造により通常のフローリングの3倍の強度があります。(ぞうが乗っても大丈夫!)
通常の防音室・ピアノ室だと、吸音するためにタイルカーペットなどを施工します。
07.jpg

■天井部分です。
PB(石膏ボード)12.5mm二重貼りに吸音材(グラスウール64k25mm)を充填しています。
住宅関係でこの吸音材を使用しているところはほとんどありません。というか存在や効果を知りません。もちろんコンサートホールなどを製作している会社は知っていますが。(なぜ私が知っているかというと以前このメーカーにいたからです)
09.jpg

■天井に音響用天井材「オトテン」を施工。
近くで見ないとわかりませんが非常に細かい穴が開いています。これと別なやり方としては有孔ボードに布クロスを貼れば同じ効果が得られます。
19.jpg

■壁に音響用壁材「オトカベ」を施工。
天井と同じように非常に細かい穴が開いています。通常はこの上に布クロスを張るのですが、今回はライブにするため塩ビクロスを張ります。
20.jpg

■仕上がった状態です。エアコンは最新式の換気付自動お掃除ロボット付エアコンです。6畳用ですが、この部屋では気密性と断熱性が非常に高い為、暖房も冷房も長時間は使わないかもしれません。
10.jpg

■壁にFIX窓を取り付けました。
明り取りの為ですが、スタジオの窓のようです。状況によって遮光できるようにロールスクリーンを取り付けてあります。
11.jpg

■元押入れだった、本の収納庫。
奥行きはA4サイズが2重に置けるくらいあります。高さは自在棚で調整できますが、楽譜の収納を考えA4サイズよりも一回り大きいサイズを想定して設定してあります。
襖はペアガラスの樹脂サッシに取替えて収納庫の天井には2階への音漏れを防ぐ為に石膏ボード12.5mmを貼ってあります。
12.jpg

■本の収納庫と内装ドアです。
ドアの右側の壁が少し斜めにカットしてあります。防音の壁が厚い為に調整してあります。今回は改修工事のためにこういった調整がでていますが、新築時の施工の場合は開口を左にセットバックすることで解決します。
12.jpg

■普通はなかなか見ることがない、居室内の床タイル。
残響効果を得る為に今回特別に考慮した部分です。この床が吸音してしまったら残響は得られなくなります。お施主様には喜んでいただけました。
14.jpg

■防音ドアです。
通常の内装ドアは厚さ30mmくらい。今回製作したドアは62mm。丁番はごっついのを3セット取付、ドアのレバーバックセットは特注で62mmに対応しました。
でも、可能であれば玄関ドアをここに取り付けると防音は完璧です。
15.jpg

■最後に騒音測定をしました。
測定方法はJISの規格にのっとって行いました。音源で100db発生し周囲の受音室で測定。場所にもよりますが、おおむね54dbの減音となりました。外部では窓の近くで「かすかに聞こえる」程度で数m離れた隣家や道路では全く聞こえませんでした。予定通りの結果です。
21.jpg

お客様のご感想としては、「教会のホールのようではないけれど、ありがちな防音室のデッドさはなく、希望に近いです。デザイン柄なども声楽教室の生徒さんも気に入ったようです。」とご好評を頂きました。
posted by とむす at 18:30| Comment(0) | 防音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: